なんだか気分が落ち込んで好きなことも楽しめない、眠れない日が続いている…。もしかしたら「うつ病」かも?精神的な不調が続いて、病院で診てもらいたいなと思っても、「精神科」は少し敷居が高く感じるということはないでしょうか。ここでは、「精神科」での治療方法や病院選びのポイントなどについてお伝えします。精神科での治療を検討している方は、参考にしてみてくださいね。

「精神科」ってどんなところ?

「精神科」ってどんなことをするんだろう、そんな不安を抱いている方もいるかもしれません。精神科は、心の症状を扱う診療科であり、様々な精神障害を治療の対象としていますが、どんな治療が行われているかを知る機会は、あまり多くないかもしれません。ここでは、精神科で治療できる病気や、具体的な治療内容をお伝えしますので、受診を考えている方に参考にしていただければと思います。

精神科で治療できる症状とは?

医療施設には、さまざまな科がありますがその1つが精神科です。そこで、精神科で治療出来る症状には何があるのかというと精神的な病気からくる症状全般を治療する事が可能です。例えば、パチスロや競馬などのギ…

精神科での治療方法とは?

ストレス社会の現代では、メンタルのバランスを崩してしまう人がたくさんいます。特にパソコンを使う人は、朝から晩までずっとディスプレイを眺めているため、自律神経のバランスも崩しがちなのです。ちょっと疲…

「心療内科」「メンタルクリニック」との違いは?

心療内科というのは、心理的や社会的な要因、例えば、学校で友達との関係がうまくいかなくなりいじめにあってしまったり、会社で失敗などをしてしまい上司との人間関係がうまくいかなくなったりしたときによって…

はじめて「精神科」を受診する前に準備したいこと

病院選びのコツ

うつ病やパニック障害などの精神的な病気はプライベートなことを話す機会も多いので、話しやすい医師を探すことが大切です。心を開いて症状の原因になったことや、辛かったエピソードなどを話して病気を克服して…

スムーズに受診するためにしておいた方がよいことは?

精神科では患者1名あたりの診察時間が長いので、待ち時間を少なくするために事前予約をおすすめします。30分~60分刻みでの予約が一般的です。予約時の電話でスタッフの雰囲気がわかりますし、気になる症状…

受診する際の注意点やデメリット

はじめて「精神科」を受診する前に準備したいこと

ずっと気分がすぐれない、毎日カラダがだるくて仕方ない、おまけに夜も上手に寝付けない…。「精神科を受診してみようか」と検討される方も多いですが、その中でもほとんどの方が尻込みしてしまっている現状があります。内科や耳鼻科などと違い、心の中の病気というのは目に見えないもの。症状を話すことで伝えなければ、見た目で伝わらない方が多いのではないでしょうか。気分がすぐれないうえに、初めての場所で緊張する、そんな状況でうまく自分の心境を伝えられるのか? この不安を解決するためにも、前準備として「症状を紙にまとめていく」というのが有効です。なれない場所で、うまく担当医に伝えられなかった場合も前もって記入してきた紙を渡すことで、スムーズに診察が進むでしょう。また、前もって医院の雰囲気をインターネットなどで調べることも安心につながります。ぜひ活用してください。

はじめて「精神科」を受診する際の注意点やデメリットは?

注意点としては、インターネットで調べた情報を鵜呑みにしないことです。「あそこの先生は評判が悪い」という口コミがあったとしても、担当医と患者の関係性は『信頼関係』がキーになります。レビュアーに担当医がミスマッチだったとしても、あなたにはぴったり合うことだってあるのです。はじめて受診する際は、レビューよりも医院全体の雰囲気、また治療の理念などを参考にしましょう。調べすぎると多くの情報が入りすぎ、パニックになります。デメリットとして考え、ほどほどの検索・それぞれのマッチングを念頭に置き、はじめて訪れる精神科を選んでみてください。やわらかい雰囲気で、踏み入れてみると安心させてくれる医院がほとんどだと思います。リラックスして治療に専念していきましょう。